シャープもトップ交代 “大穴”次期社長の手腕

シャープもトップ交代 “大穴”次期社長の手腕

若きプリンスのあまりにも早い降板である。シャープは3月14日、経営陣を一新する人事を発表した。4月1日付で、片山幹雄社長は代表権のない会長に就任。町田勝彦会長も相談役に退く。後任の社長には奥田隆司海外事業統括常務執行役員(58)を充てる予定だ。

「シャープを支援してくれた人々に誠に申し訳ない」──。交代会見の席で片山社長は開口一番、こう陳謝した。

2007年、49歳の若さで社長に大抜擢された際、前社長の町田会長は「メーカーの経営者は10年腰を据えて務めるべき。だから私より13歳若い片山君にお願いしたんだ」と語っていた。

が、結局5年で交代となった。100年の歴史の中で、社長になったのは5人。最年少で社長に就いた片山社長は最短期間で退くことになる。

窮状はそれだけ深刻だ。特に売上高約3兆円の半分を占め、00年以降同社の基盤となってきた液晶テレビ、液晶パネル事業の凋落が著しい。

液晶テレビ事業は、国内地デジ切り替え需要がなくなり、赤字に転落。液晶パネル事業もテレビ用外販が低迷している。頼みのスマートフォン用は米アップル「アイフォーン」向けがあるものの、日系の苦戦が響き期待ほど伸びていない。結果、12年3月期は過去最悪の2900億円の最終赤字となる見通しだ。

株価も14日に483円をつけ、1979年以来、33年ぶりに500円を割った。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。