外国人の「売り攻勢」に負けない日本株の底力

日本の人口は減ってもおカネは増え続ける

今週は大きなイベントはない。再び投資家が活気づくのは、9月9日につけた高値を抜けてからか。(写真:尾形文繁)

10月2日のNYダウ(ダウ工業株30種平均)は長い下ヒゲを出しての200ドル高だったが、この日アメリカ株の流れが変わった。

期待した業績相場をあきらめ、金融相場に逆戻りしたのだ。9月雇用統計非農業部門雇用者数は、驚きの14万2000人増と出た。最近のマーケットの反応が、景気指数に対して正(強い数字は買い材料)の反応か、負(強い数字は利上げ早まるで売り材料)の反応かはっきりしなかったが、この日の午後、負の反応へと明確に舵を切ったと思われる。その後、9月のFOMC議事要旨で利上げが遠のいたことが確認され、ダウは6連騰で800ドル高となっている。

今週から本格的に7~9月期決算が発表になる。見通しはあまり良くない。しかし、負の理屈においてはそれも、「更に利上げ遠のく」で株高要因になる。もちろん当該企業においては正の反応となろうが。

9月の外国人売り越し額は最高水準

10月8日に、日本市場における投資主体者別売買動向9月第5週分(9/28-10/2)が発表になった。外国人投資家は、現物・先物合計で6798億円の売り越しで、9月月間の売り越し額は、なんと3兆4014億円と、統計開始以来最高水準の一つとなった。これで、6月からの連続4か月間の売り越し額は、8兆2453億円になる。

よくぞこれだけ売ったものだと感心する。しかし、もっと感心するのは、よくぞ売れたものだ、ということだ。特に8月からの売り攻勢はすさまじく8週連続で7兆円近くも売り越した。

次ページ日本の個人金融資産は1500兆円に
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT