イエバエとコオロギは安全で栄養たっぷり

EUが食用の可能性を検討

 10月8日、欧州食品安全機関によると、イエバエやコオロギなどの昆虫は鶏肉、牛肉、豚肉などに代わる安全で栄養価が高く、環境にやさしい食品・飼料として利用できる可能性がある。写真は仏工場でコオロギを食べようとする従業員。昨年2月撮影(2015年 ロイター/Regis Duvignau)

[ブリュッセル 8日 ロイター] - 欧州連合(EU)の専門機関である欧州食品安全機関(EFSA)が8日発表した調査結果によると、イエバエ、コオロギ、カイコなどの昆虫は、鶏肉、牛肉、豚肉などに代わる安全で栄養価が高く、環境にやさしい食品・飼料として利用できる可能性があり、食料安全保障や温暖化防止へのメリットが大きいという。

ただ、一般的なレストランのメニューに載るというよりも、まずは動物の飼料として使われる公算が大きい。狂牛病の原因とされる異常なプリオン蛋白の蓄積を避けられるからだ。

EFSAの報告書は、昆虫を料理に取り入れることで「将来の消費パターンを急速に変える可能性がある」と指摘した。また、食用として流通させる場合は、何らかの加工処理が必要であり、エビの皮をむくのと同じように、コオロギの羽や足などの部分は除くべきだろうとも述べた。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。