スーパーチューズデーでも決め手とならず、米共和党予備選は長期戦へ【米大統領選・専門家の見方】

印刷
A
A


 一方で、大統領選挙は接戦となるのが米国の常であり、このままオバマ大統領が大勝するという見方は決して多数派とはいえない。実際に、足下の堅調な景気にもかかわらず、オバマ大統領の支持率は伸び切れていないのが現状。選挙には浮き沈みがあり、いずれは共和党が持ち直す局面が訪れる可能性が大きい。ロムニー候補の巻き返しには、早く予備選挙に決着をつけて本選挙モードに切り替えることが必要だ。

なお、ロムニー候補・オバマ大統領の双方が磐石ではない状況では、「第3の候補」を期待する議論が盛り上がる可能性がある。実際に「第3の候補」が大統領となるとは考え難いが、国民主導による候補者擁立の準備を進めている「Americans Elect」の活動に脚光があたる展開もある。
(中村 稔 =東洋経済オンライン)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT