小泉進次郎もご執心、無人タクシーの実力は?

ハマスタをロボットタクシーが駆け抜けた夜

ロボットタクシーに乗って、始球式に現れた小泉進次郎氏(撮影:尾形文繁)

10月2日、横浜スタジアムで開かれた読売巨人vs横浜ベイスターズ戦。始球式を行う小泉進次郎・内閣府大臣政務官は、自動運転タクシーの運転席に乗り込み、ハンドルを握らずに両手を振りながらゆっくりとスタジアムに現れた。

前日の10月1日、内閣府と神奈川県は自動運転タクシーの実証実験を行うことを発表した。プロジェクトの推進役である進次郎氏は会見で、「自動走行プロジェクトをやりたい人を、全力で後押ししたいと考えています」と宣言。完全自動走行車の実現に対する熱意を繰り返し語った。

具体的なプロジェクトとして、2016年初めをメドに神奈川県藤沢市で自動運転タクシーの実証実験を開始するほか、仙台市や名古屋市でも実験を行う計画だ。

来年にもロボットタクシーが市街を疾走

実証実験を担うのが、ディー・エヌ・エー(DeNA)とロボットベンチャーのZMPの合弁会社「ロボットタクシー」である。同社は5月末に設立したばかりの会社で、DeNAが66%を出資している。

ZMPの社長でロボットタクシーの会長を務める谷口恒氏は、「DeNAは実行する力が非常に強いパーフェクトな相手」と合弁相手に賞賛を惜しまない。

裏付けるようにロボットタクシーのプロジェクトは猛烈なスピードで走り出している。谷口氏とDeNA執行役員の中島宏氏が、同社を設立したのが5月。それから8月下旬に黒岩祐治・神奈川県知事に面会してから、10月には実証実験の概要が決定している。

次ページ自動運転に立ちはだかるジュネーブ条約
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • コロナウイルスの恐怖
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。