「容姿端麗」は、CAになる必須条件なのか

超人気職種「CA」就職講座<2>

「容姿端麗」がCAになる条件として挙げられていた時代にCAとなった筆者にとって、この条件は大きな壁に感じられました。もう25年以上前のことです。当時はスチュワーデスと言われたその仕事の募集要項に「容姿端麗」と実際に書かれていたほど、見た目の美しさが重要視されていました。

その時代、「容姿端麗」は企業側のニーズでした。「サービス要員・保安要員」に加え、広告塔としての役割を果たしていたからです。テレビコマーシャルには、制服を身にまとい笑顔でサービスをするスチュワーデスの姿がその航空会社の象徴として映し出されていました。

スチュワーデスは憧れの海外旅行、憧れの航空会社をイメージさせなければなりませんでした。もちろん現在もCAたちは航空会社の顔としての役割も担っていますが、海外旅行は、もはや日本人にとって憧れでなく気軽に手の届くものとなりつつあります。

つまり、今の航空会社がCAに求めるのは、利用しやすい航空会社を象徴する「身近な存在」なのです。となると、容姿端麗が企業の主張する第一印象のよさと必ずしも一致しないということが理解していただけるでしょう。「明るく健康的で、お願いごとのために声をかけやすい存在」それが今の航空会社が第一印象に求めるものです。ただし、太り過ぎていたり痩せすぎていたりするのがよくないことは、ここで述べるまでもないでしょう。

「おとなし過ぎる」「交わらない」「1人行動」はダメ

「私の強みは、元気のよさと笑顔です……」と元気を売りにしながら、面接の間ずっと耳を澄まさなければ聞き取れないほど小さな声、グループディスカッションでも自分の発言をすることで精一杯で他者と話し合うことができないなど、消極的な態度のCA志望の女子学生たちは多いです。

筆者が支援する際に用いているビデオやボイスレコーダーの記録を確認させても、理想の職業と自身の行動が一致していないことに気づく様子がみられないことがあります。大人の目からみて、とても不思議なことです。ですが、自身を客観視できないことが最近の学生の特徴ともいえます。

次ページ他人と交わっていますか?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。