東京電力・偽りの延命、なし崩しの救済《1》--攻める経産省、抗う東電

東京電力・偽りの延命、なし崩しの救済《1》--攻める経産省、抗う東電

60年間灯し続けた民間の明かりがついに消滅する──。

東京電力の「国有化」へのカウントダウンが始まった。3月にも東電と、東電の運営を支援する原子力損害賠償支援機構(原賠機構)が取りまとめる「総合特別事業計画(総合計画)」。東電の今後10年間の見通しを示す重大計画の策定が大詰めを迎える中、関係者の間で激しい攻防が繰り広げられている。

「経営権も何も、民間と国営なら民間のほうがいいに決まっているじゃないか」

2月3日、原賠機構の定期的な協議の場である「運営委員会」が第9回目の会合を開いたその夜、東京電力の首脳は語気を強めてこう言い放った。折しも、運営委で東電に対する6900億円の追加資金援助を決めた後である。

これまで月1回のペースで開かれてきた運営委だが、1月は一度も開かれなかった。東電が、政府や原賠機構に相談なく、4月からの自由化(法人)部門の値上げを発表したことを問題視した枝野幸男・経済産業相が開催中止を要請したのだ。

「事前報告がなかったのは、極めて遺憾だ」

数日遅れて開かれた運営委では、下河辺和彦委員長が東電の西澤俊夫社長に不快感をあらわにした。

東電側の見方は違う。

「機構側が、どうしてこんなにリーク記事が出るんだと腹を立てて、中止を申し入れたと聞いている」(東電幹部)

「東電に1兆円公的資金投入」「東電の火力発電所を分社化」「3年間で黒字へ」--。確かに、年明け以降、総合計画に関する報道が連日のように続いている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT