独立系で生き残れるか--大和証券・日比野隆司社長を直撃

独立系で生き残れるか--大和証券・日比野隆司社長を直撃

大和証券グループ本社は4月、傘下でリテール(個人向け)業務を担う大和証券と、ホールセール(法人向け)業務の大和証券キャピタル・マーケッツ(CM)を統合し、新「大和証券」を発足させる。2009年末に三井住友フィナンシャルグループとの法人業務の合弁を解消し、完全子会社として大和証券CMを発足。今度は大和証券と統合することで、13年ぶりに完全体の独立系総合証券として再始動する。

業績は厳しい。昨年10~12月期まで4四半期連続の最終赤字。09年度から人員を大幅増強したアジア拠点も赤字が続く。昨年11月には米ムーディーズが持ち株会社の格付けを「Baa3(ネガティブ)」に下げ、投資不適格転落の瀬戸際に陥った。

業績悪化が続く中、会社をどう立て直していくのか。日比野隆司社長兼CEOに聞いた。



ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
  • ネットで故人の声を聴け
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT