政治圧力に屈した日銀、右顧左眄な「物価のメド」

政治圧力に屈した日銀、右顧左眄な「物価のメド」

日本銀行が2月14日の金融政策決定会合で、事実上のインフレターゲット政策を導入した。「中長期的な物価安定のメド」を当面1%とし、これが見通せるようになるまで、実質的なゼロ金利政策と金融資産の買い入れを継続。デフレ脱却へ強力に金融緩和を推進する方針だ。

そのため、現状で55兆円の枠がある「資産買い入れ等基金」を、長期国債の買い入れの10兆円の増額により65兆円とし、2012年末までに増額を完了するとした。

が、今回の目標はあいまいだ。英国の中央銀行が採用するインフレターゲットは、通常(1)目標数値をはっきりさせる、(2)達成時期を示す、(3)達成されなかった場合に責任を問われる、のに対して、日銀の場合は(2)と(3)を欠く。

財政ファイナンスのおそれ

今回の決定では、日銀の政治的な圧力に対する弱さも露呈した。

1月末に米連邦準備制度理事会(FRB)が、長期物価目標を2%と示したことで、古川元久経済財政担当相などから「日銀の姿勢はわかりにくい」との批判が噴出。日銀がこれに屈し、FRBに追随したのは明らかだ。野田佳彦首相と安住淳財務相にも、消費増税は景気を冷やすとの批判をかわすのに、日銀に一役買ってほしいとの思惑があったのだろう。みずほ証券の上野泰也チーフマーケットエコノミストは「もっと日銀に批判的な政権が誕生したら、日銀券の信認を失うような政策の要求に抗し切れるか懸念される」と批判する。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT