政治圧力に屈した日銀、右顧左眄な「物価のメド」

政治圧力に屈した日銀、右顧左眄な「物価のメド」

日本銀行が2月14日の金融政策決定会合で、事実上のインフレターゲット政策を導入した。「中長期的な物価安定のメド」を当面1%とし、これが見通せるようになるまで、実質的なゼロ金利政策と金融資産の買い入れを継続。デフレ脱却へ強力に金融緩和を推進する方針だ。

そのため、現状で55兆円の枠がある「資産買い入れ等基金」を、長期国債の買い入れの10兆円の増額により65兆円とし、2012年末までに増額を完了するとした。

が、今回の目標はあいまいだ。英国の中央銀行が採用するインフレターゲットは、通常(1)目標数値をはっきりさせる、(2)達成時期を示す、(3)達成されなかった場合に責任を問われる、のに対して、日銀の場合は(2)と(3)を欠く。

財政ファイナンスのおそれ

今回の決定では、日銀の政治的な圧力に対する弱さも露呈した。

1月末に米連邦準備制度理事会(FRB)が、長期物価目標を2%と示したことで、古川元久経済財政担当相などから「日銀の姿勢はわかりにくい」との批判が噴出。日銀がこれに屈し、FRBに追随したのは明らかだ。野田佳彦首相と安住淳財務相にも、消費増税は景気を冷やすとの批判をかわすのに、日銀に一役買ってほしいとの思惑があったのだろう。みずほ証券の上野泰也チーフマーケットエコノミストは「もっと日銀に批判的な政権が誕生したら、日銀券の信認を失うような政策の要求に抗し切れるか懸念される」と批判する。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 最新の週刊東洋経済
  • 本当は怖い住宅購入
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
熱狂は終わるか<br>IPO総点検

ベンチャー投資の活況が続く中、2019年は86社が新規株式公開(IPO)を果たしました。ただ、秋から公募割れが頻発するなど変調も見えます。市場で起こっている実態に迫りました。若手起業家が選んだ「すごい投資家」ランキングも掲載。