政治圧力に屈した日銀、右顧左眄な「物価のメド」

もともと日銀はリフレ派と呼ばれる論者から批判され続けてきた。彼らはデフレの原因は貨幣不足にあり、日銀が通貨供給を増やせばデフレから脱却できると主張。その一環としてインフレターゲットを採用すべきとしていた。

が、リフレ派に対する批判も根強い。今のようなゼロ金利政策の下では、通貨の供給が増えたところで、人々は現金を保有したがるので、消費やリスクのある投資には回りにくい。むしろ市場機能を歪める副作用が出るとされる。そもそも、インフレターゲットはインフレ率の上昇を抑え込むための手段とされ、逆を狙う試みは初めてだ。

また、日本は巨額の財政赤字を抱えており、リフレ派が要求する「お札を刷ることによる財政ファイナンス」を行えば、国債の金利が暴騰する懸念が出てくる。白川方明総裁は「財政ファイナンスを目的とした国債の買い入れは決して行わない」と繰り返すが、今回また一歩近寄った形となった。

デフレの根本原因は貨幣現象ではなく、人口動態やグローバル化など構造的な要因であり、金融政策では解決できないという考え方もある。白川総裁自身、会見のたびに、人口動態の変化による成長率低下を問題にしている。利潤率低下は先進国共通の問題との認識が広がりつつある。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT