「自分のことで忙しい」人が結婚する3つの条件

53歳新婚さんが結婚するまでの長い軌跡

浩二さんも麻子さんも会社では責任のある立場で働いている。さらに浩二さんは趣味、麻子さんは資格勉強を優先するのであれば、恋愛にあてる時間は少なくなってしまうのは当然だ。出会ってから3年半という歳月は、この2人にはお互いを知るために必要な期間だったのかもしれない。

結婚のきっかけは「資格合格とハワイ」

動きがあったのは昨年の夏だった。麻子さんは3回目の挑戦で資格試験に合格を果たした。浩二さんは勤続30年の恩賞として勤務先から海外旅行をプレゼントされた。希望の行き先はもちろん、サーフィンのメッカであるハワイである。

「でも、サーフィンは1日に3時間もやれば十分です。海外では時間を持て余してしまいます。この際、彼女も一緒にサーフィンをやったらどうかな、という話がきっかけで結婚話も進みました」

その年の冬には麻子さんが借りていたマンションが契約更新を迎えたため、それを機に結婚を前提に同棲を始めることになった。資格合格、ハワイ旅行、マンションの更新……。はたから見ると小さなことに感じるが、本人たちからすると「大きな区切り」なのだ。長年にわたって独身生活に慣れ親しんできた晩婚さんにとっては、結婚に向かうエンジンは多ければ多いほどよい。

「一緒に住んでみると、割と楽しいなと思いました。女性が家にいると雰囲気が柔らかくなるんですね。仕事から帰って話をしたり、一緒にテレビを見ながらくつろいだり。笑いのツボも似ています。趣味の時間が減ることが心配でしたが、今のところは3割減で済んでいます。サーフィンの後にスーパー銭湯に行くことができなくなったぐらいですね」

結婚願望はありながらも、人生における「結婚」の優先順位は低い。浩二さんや麻子さんだけなく、筆者を含めた多くの晩婚さんに共通する姿勢なのだと思う。人としてどうなのか、としかられると返す言葉もないが、しかられたからといって価値観や行動を変えられるわけでもない。

浩二さんと麻子さんのケースを観察すると、少しの勇気(お見合いパーティーに参加する)と努力(メールしてデートに誘う)、そして縁(資格合格とハワイ旅行のタイミングが一致)の3つがそろったときに結婚が近づいた。浩二さんに限って言えば、仕事と趣味で完結していた生活から一歩だけ外に出る勇気を持ったことがすべての始まりだったのだ。

取材協力:東京世話焼きおばさんの縁結び

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ブックス・レビュー
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • あの日のジョブズは
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT