急成長の中国、これから注目の有望都市は? 電通総研が中国都市の消費規模・成長力ランキングを発表

電通総研は、中国の主要287都市を対象に、消費規模と成長力でランキングした結果「China BtoC Market Power Index 2011」を発表した。
 
 GDP、人口、給与の3指標から評価した消費規模指標ランキングの上位都市は表1のとおりで、上海、北京、広州の3大都市が1~3位を占めた。
 
 一方、GDPやリテール売り上げの伸び率など6つの指標から評価した成長力指標ランキングの上位都市は表2のとおり。1位楡林市、2位朝陽市、3位渭南市など、日本人にはあまり馴染みのない諸都市がランクインしている。
 
 電通総研では、上海や北京などの巨大都市に加えて、重慶や天津、蘇州など消費規模が大きくかつ成長力も高い都市群、あるいは、鄂尔多斯(オルドス)市、合肥市など規模はまだ小さいが今後の高成長が見込める都市群を、有望な市場として注目すべき、と指摘している。

■表1 消費規模指標ランキング

■表2 成長力指標ランキング

■ランキングに用いた指標とウエイト

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT