急成長の中国、これから注目の有望都市は? 電通総研が中国都市の消費規模・成長力ランキングを発表

電通総研は、中国の主要287都市を対象に、消費規模と成長力でランキングした結果「China BtoC Market Power Index 2011」を発表した。
 
 GDP、人口、給与の3指標から評価した消費規模指標ランキングの上位都市は表1のとおりで、上海、北京、広州の3大都市が1~3位を占めた。
 
 一方、GDPやリテール売り上げの伸び率など6つの指標から評価した成長力指標ランキングの上位都市は表2のとおり。1位楡林市、2位朝陽市、3位渭南市など、日本人にはあまり馴染みのない諸都市がランクインしている。
 
 電通総研では、上海や北京などの巨大都市に加えて、重慶や天津、蘇州など消費規模が大きくかつ成長力も高い都市群、あるいは、鄂尔多斯(オルドス)市、合肥市など規模はまだ小さいが今後の高成長が見込める都市群を、有望な市場として注目すべき、と指摘している。

■表1 消費規模指標ランキング

■表2 成長力指標ランキング

■ランキングに用いた指標とウエイト

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
  • ネットで故人の声を聴け
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT