いよいよ“愛知・名古屋の独立”へ向けて動きだしたが……中京都構想の前途多難、目的不明の「独立戦略本部」


名古屋商工会議所からは具体的な要望も

■木村操・名古屋商工会議所副会頭(名古屋鉄道相談役)

商工会議所として世界交流都市、グローバル都市の実現を目指したい。4点提案したい。
 
 (1)アジアパワーの取り込み。愛知・名古屋共同でインドネシア、タイなどにサポートデスクをつくり、進出する中小企業へ対しきめ細かい支援をしていただきたい。インバウンドの促進も必要だ。中国人観光客を取り込むため、受け入れ態勢の構築など戦略を立てる必要がある。
 
 (2)次世代産業の育成。河村市長が先端医療育成のために100億円のファンドをつくったのを歓迎したい。宇宙航空、先端医療は重要だ。中小企業の新分野進出をサポートすることになる。さらに新規起業支援。小規模企業の設備投資支援が重要だ。いま廃業が創業を上回り、企業数は減少の一途。シニア世代を含め、幅広い人が起業できる基盤づくり。

(3)リニア新幹線開通を見据えた魅力のある街づくり。商工会議所では地域づくりの検討会をこの14日に設ける。乗り換え利便性の向上など課題はいろいろある。大胆なプラン構築への取り組みを進めていただきたい。
 
 (4)インフラの整備促進。セントレア(中部国際空港)の2本目の滑走路など。インフラの整備が、この地域へ進出するメリットの拡大につながるだろう。

■柘植康英・東海旅客鉄道(JR東海)副社長

目指すキーワードは4つ。 元気な都市、集まる都市、安心な都市、豊かな都市。
 
 (1)まず元気な都市から。この地を引っ張るのは何といっても製造業。製造業が競争に勝つための施策が必要になる。自動車、航空機に次ぐ次世代産業の育成、先をにらんだ研究開発の推進も必要になる。
 
 (2)集まる都市としては、まず広域な観光が重要になる、企業の誘致には補助金制度が重要だろう。リニア開通に対しては、東京へのストロー現象が起こる、ということで「恐怖感」とおっしゃっていた方もいるが、都市の魅力を磨ければ大丈夫。保守的ではなく前向きにとらえるべきだ。
 
 (3)安心な都市とは災害に強い都市だ。特に水害への万全な対策が必要だろう。
 
 (4)豊かな都市。教育、文化、医療、芸術。今ある既存のベースから進め、これを磨いていけばいいだろう。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT