はじめての日本神話 『古事記』を読みとく 坂本 勝著

はじめての日本神話 『古事記』を読みとく 坂本 勝著

神話は単なる昔話ではない。私たちが生きているこの世界の意味を、神の存在に託して描いた行為である。神話をひもとくことは、日本人の来た道、アイデンティティを知ることでもあるのだ。

本書はまず、刊行1300年といわれる日本最古の歴史書『古事記』について語る。国づくり神話から始まり、スサノヲやヤマトタケルの活躍、天岩戸伝説などのエピソードをダイジェストで掲載。併せて、『古事記』が何を問い、何を描こうとしていたのかを、わかりやすく解説する。そのうえで、ほかの神話や伝承も視野に入れ、古代日本の神話世界を考察していく。

私たちの祖先が何を拠り所に生きていたのかを、上代文学者が探った入門書。

ちくまプリマー新書 819円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 令和の新教養
  • 就職四季報プラスワン
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。