はじめての日本神話 『古事記』を読みとく 坂本 勝著

はじめての日本神話 『古事記』を読みとく 坂本 勝著

神話は単なる昔話ではない。私たちが生きているこの世界の意味を、神の存在に託して描いた行為である。神話をひもとくことは、日本人の来た道、アイデンティティを知ることでもあるのだ。

本書はまず、刊行1300年といわれる日本最古の歴史書『古事記』について語る。国づくり神話から始まり、スサノヲやヤマトタケルの活躍、天岩戸伝説などのエピソードをダイジェストで掲載。併せて、『古事記』が何を問い、何を描こうとしていたのかを、わかりやすく解説する。そのうえで、ほかの神話や伝承も視野に入れ、古代日本の神話世界を考察していく。

私たちの祖先が何を拠り所に生きていたのかを、上代文学者が探った入門書。

ちくまプリマー新書 819円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 北朝鮮ニュース
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。