日本人はとかく今現在しか考えない

『日本人はなぜ株で損するのか?』を書いた藤原敬之氏に聞く

日本人はとかく今現在しか考えない--『日本人はなぜ株で損するのか?』を書いた藤原敬之氏(著述家、元藤原オフィス・アセット・マネジメント代表取締役)に聞く

過去25年で日本株5000億円を運用してきた「カリスマ」ファンドマネジャーが、長年培ってきた株式投資術を公開した。社会科学を駆使する異例の方法論に基づくという。

──なぜ、日本人は株で損をするのですか。

日本人にはしたたかさがない。しかも、今のことしか考えない。

歴史小説を書くために、このところ明治・大正・昭和の歴史を調べている。「表」がもてはやされている日露戦争は、実は「舞台裏」もすごい。高橋是清は戦費17億円のうち8億円を海外起債でかき集めた。日清戦争は全戦費4億5000万円で、うち1億円が海外起債だったから、その8倍を成功させている。軍資金がなければ艦艇の調達もままならない。そこにはしたたかさがあった。

──したたかさ?

自らを、あるいは物事を客観的に評価する覚めた目だ。それで、物事のあり方や自分自身を分解して見る。投資下手も、その最大の原因をしっかり見つめ直すことによって、次の成功につなげることができる。25年間にわたり株と格闘し、第一線でやってこられた最大の理由は、その覚めた目で自分の「切り口」を作れたからだと思っている。

毎年のように起こる詐欺事件を見ていると、日本人は今がいちばん大事と思っているという「普遍的な事実」に気づく。運用対象は、牛であったり森であったり、訳のわからない金融商品といわれるものであったりするが、要は確定利回り・元本保証・半年複利の商品だ。そうあってほしいという、いわばその「空想の張り子」に引っかかる。

 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT