日本人はとかく今現在しか考えない

『日本人はなぜ株で損するのか?』を書いた藤原敬之氏に聞く

日本人はとかく今現在しか考えない--『日本人はなぜ株で損するのか?』を書いた藤原敬之氏(著述家、元藤原オフィス・アセット・マネジメント代表取締役)に聞く

過去25年で日本株5000億円を運用してきた「カリスマ」ファンドマネジャーが、長年培ってきた株式投資術を公開した。社会科学を駆使する異例の方法論に基づくという。

──なぜ、日本人は株で損をするのですか。

日本人にはしたたかさがない。しかも、今のことしか考えない。

歴史小説を書くために、このところ明治・大正・昭和の歴史を調べている。「表」がもてはやされている日露戦争は、実は「舞台裏」もすごい。高橋是清は戦費17億円のうち8億円を海外起債でかき集めた。日清戦争は全戦費4億5000万円で、うち1億円が海外起債だったから、その8倍を成功させている。軍資金がなければ艦艇の調達もままならない。そこにはしたたかさがあった。

──したたかさ?

自らを、あるいは物事を客観的に評価する覚めた目だ。それで、物事のあり方や自分自身を分解して見る。投資下手も、その最大の原因をしっかり見つめ直すことによって、次の成功につなげることができる。25年間にわたり株と格闘し、第一線でやってこられた最大の理由は、その覚めた目で自分の「切り口」を作れたからだと思っている。

毎年のように起こる詐欺事件を見ていると、日本人は今がいちばん大事と思っているという「普遍的な事実」に気づく。運用対象は、牛であったり森であったり、訳のわからない金融商品といわれるものであったりするが、要は確定利回り・元本保証・半年複利の商品だ。そうあってほしいという、いわばその「空想の張り子」に引っかかる。

 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT