日本の不動産業界 経済低迷に伴い、高水準の空室率と賃料下落が継続《ムーディーズの業界分析》


新しいビルに対する需要は改善する一方、古いビルに対する需要低下が加速

3月11日の大震災以降、耐震性の高い新しいビルに対する需要が高まっている。この動きは、新しく高品質なビルを保有する格付け対象の不動産会社やJ-REITの空室率および賃料への影響を緩和する可能性があるであろう。その反面、古く品質の低いビルの需要は低下するだろう。

個人消費の低迷が商業施設の収益を圧迫

オフィス以外のセグメントにおいても、日本経済回復の遅れの影響を受けるであろう。たとえば、多くの商業施設の業況は、弱い個人消費を反映して低迷が続いている。このため、テナントによる賃料値下げや解約要求が高まる可能性があろう。

厳しい雇用環境が住宅市場の重しに

住宅賃貸市場については、ここ数年稼働率と賃料の下落が続いたが、足元では安定化してきている。しかしながら、厳しい雇用環境を踏まえると、稼働率と賃料の改善を見込むのは困難であろう。一方、住宅販売市場(主に都心部のマンション分譲)については、低金利と優遇税制が需要を下支えするものの、日本経済低迷の影響で、マンションの販売戸数と販売価格に影響が及ぶ可能性があろう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT