日本の不動産業界 経済低迷に伴い、高水準の空室率と賃料下落が継続《ムーディーズの業界分析》


コーポレート・ファイナンス・グループ
AVP-アナリスト 高橋 良夫

ストラクチャード・ファイナンス・グループ
VP-シニアアナリスト 大久保 敬裕

ムーディーズは日本の不動産市場の見通しを「安定的」から「ネガティブ」へ変更した。この見通しは、今後12カ月から18カ月における業界のファンダメンタルズな事業環境に関するムーディーズの見方を示したものである。

この見通しは、ムーディーズが格付けを付与している不動産会社4社と不動産投資信託(J-REIT)18社に関連する業界環境の見方を示すものであり、その意味で主に東京都心の賃貸オフィス市場が対象となっている。

日本経済の低迷とオフィスの大量供給が市場回復の阻害要因に

日本経済の回復は遅れており、それに伴い、オフィス需要の低迷が続いている。加えて、2012年には東京都心部で大型ビルの大量供給が予定されている。このため、東京都心部の賃貸オフィス市場の回復が遅れる懸念が高まっている 。

高水準の空室率と市場賃料の低迷は継続

経済成長の鈍化と円高の進行に伴い、日本企業は、国内投資と雇用を抑制している。この結果、東京都心5区のオフィス空室率は高水準の状態が続いている。ムーディーズは、空室率は13年まで8%から9%台で推移すると予想している。また、過去2~3年と比較し下落幅は縮小するものの、市場賃料の下落は少なくとも13年半ばまで続くと考えている。下図のとおり、08年初めの空室率は3%であり、現在の空室率は高水準となっている。

図表1:東京都心5区の空室率と平均募集賃料の推移

[+]画像拡大

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「説得力のある話ができる人」と「説得力のない人」の差
「説得力のある話ができる人」と「説得力のない人」の差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT