ソニーが「プレステ4」の国内価格を値下げ

日本市場をテコ入れ

 9月15日、ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は、据え置き型ゲーム機「プレイステーション4」の日本国内の販売価格を10月から値下げすると発表した。写真はPS4の広告、都内の家電販売店で6月撮影(2015年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 15日 ロイター] - ソニー<6758.T>のゲーム子会社ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は15日、据え置き型ゲーム機「プレイステーション(PS)4」の日本国内の価格を5000円値下げすると発表した。

PS4の値下げは初めて。好調な米国・欧州に比べ、出遅れている日本での販売をテコ入れする。

10月1日から、現行の3万9980円(税抜き)から3万4980円(同)に引き下げ、日本で2度目の年末商戦に備える。PS4は2013年11月で米国・欧州で発売。日本では14年2月からの発売で、スタートのタイミングも遅かった。今回の値下げは日本だけで、米国・欧州の価格変更は未定。

日本市場を担当する盛田厚取締役(SCEジャパンアジア社長)は記者団に対し「欧米はPS4の普及率は伸びがすごく早くて、これと比べると日本は差がある」と指摘。その上で「PS4は(ゲーム好きだけでなく)ほとんどの家庭にあるという状態にしたい」と述べ、値下げを機会に日本販売を加速する考えを示した。

またソニーは、米国などで先行展開しているストリーミングゲーム「Now」の商業サービスを16日から日本で開始すると発表した。米国(14年7月)、カナダ(同)、英国(15年7月)に続き、世界で4カ国目の展開。

クラウドサーバーにあるゲームソフトを1本200円でレンタルできるほか、1カ月2315円の定額料金で100本以上のソフトが何度でも利用できる。当初は、PS4などのゲーム機に対応するが、ソニー製のテレビ「ブラビア」でも遊べるようにする予定。さらに、スマートフォン(スマホ)などへ対応機器を広げることも視野に入れる。

ソニーは開発中の仮想現実(VR)ゲーム機器の名称を「プレイステーションVR」に決定したと発表した。2016年前半の発売に向けて着々と準備を整える。

*内容を追加しました。

 

(村井令二 編集:吉瀬邦彦)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • インフレが日本を救う
  • コロナショック、企業の針路
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。