30代の本気合コンは、こうして実を結ぶ!

36歳男性、メキメキ技術を上げついに結婚

「妻が洋服を買ったりするときはノーチェックですよ。僕と自分の収入をわかって購入しているのだから、『自己責任で家計を回してくださいね』という気持ちです。妻に任せられてありがたいと思っています」

まるで早婚さんのような「柔軟さ」

給料は掌握され、生活態度も細かく指導されている直樹さん。結婚後は、父親と似て来たと感じることが多いという。

「母からあれこれと口うるさく言われても、たいして言い返さない人です。昔は不思議に思っていました。でも、今なら父の気持ちが少しわかります。妻は間違ったことを言っていないのだから、少しぐらいうるさく感じたとしても、黙って従っておいたほうが丸く収まる。夫婦が気持ちよく一緒に過ごすための知恵だったんですね」

本連載を含めて、筆者は「晩婚さん」の女性たちに話を聞くことが多い。ほとんどの女性は結婚後も財布は夫と別で、夫を管理する姿勢はよくも悪くも緩い。だから結婚が遅くなったのか、いい年齢になってからの結婚だから達観しているのかはわからない。筆者を含めた晩婚の男性たちも、小遣い1万円に象徴される厳格な管理には、今さらなじめないように思う。 

陽子さんは「早婚さん」であり、直樹さんには彼女に従える柔軟性がある。その点では、直樹さんは「普通の男性」ではないのだ。1年後に再会すればさらに健康になり、仕事にはますます精力的になり、よき父親になっている気がする。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
すごいベンチャー100<br>2019年最新版

ファンドが大型化しマネーが殺到するベンチャー企業。大化け期待の日本発 “金の卵” 100社を厳選。アプリで禁煙治療、空飛ぶバイク、ハエで肥料生成など異色のアイデアを満載。プリファードなどユニコーンの現在地やIPO後の株価の検証も。

  • 新刊
  • ランキング