リスクを取らなきゃ金持ちには絶対勝てない

カリスマ投資家が教える分散投資のコツ

これまで、リスクの話をしてきましたが、私はむやみにリスクを取れと言っているわけではありません。リスクを取りながら、上手にリスクをヘッジすることは、投資でも人生でも大切なことです。「リスクマネジメント」の大事なコツをお伝えしましょう。

「リスクマネジメント」のコツとは?

投資の世界には「卵はひとつのカゴに盛るな」という格言があります。卵をひとつのカゴに入れておくと、それを落としたら卵はすべて割れてしまいます。けれど、複数のカゴに入れておけば、ひとつのカゴを落としても、ほかのカゴは残りますから、被害を最小限に抑えることができます。

投資も同じです。ひとつの銘柄や投資信託に投資するよりも、複数の銘柄や投資信託に「分散投資」をしたほうがリスクは低くなります。「投資先A」が下落しても、B、C、Dが順調であれば、全体としての影響を少なくできるのです。

では、どうすれば分散投資を成功させられるのでしょうか。分散投資の防御力を高めるにはコツがあります。

それは、「好奇心を持つこと」です。

実は好奇心がなければ、分散投資はできません。分散投資をするときは、「自分が投資しているもの以外に、リターンが得られるようなものはないか」を探すわけですが、それこそが「好奇心」だからです。

以前、日本銀行総裁を務めていた福井俊彦さんが、東京証券取引所のセミナーで基調講演を行ったことがあります。そのとき福井さんの言葉が……。

「リスクを最小化させるのは、好奇心の多さである」

です。好奇心が旺盛な人は、いろいろな対象にトライするので、結果としてリスクが低くなる。日本株にせよ海外債券にせよ、会社(国)に興味や関心があるからこそ、あらゆる投資先に目を向けることができるのです。

好奇心が分散すれば分散するほど、リスクが減ります。アジア株、日本株、アジアの債券、ブラジル、アメリカ株……に投資をするとき、知識のないまま投資をすると、リスクが高くなります。けれど、「ブラジル株はどうなっているのだろう」「株はどういうしくみで動いているのだろう」「アメリカにはどういう会社があるのだろう」と、好奇心を分散させれば、たくさんの情報を集めることができます。

好奇心を持つほど、チャンスも増えるし、リスクヘッジにもなる。

「見たい、聞きたい、知りたい」という気持ちがあれば、知識と経験の量が増えるので、さまざまな投資先を「素直」に検討できるようになるでしょう。

逆に、世の中への関心が希薄な人ほど、リスクを恐れます。あふれるような好奇心があれば、リスクは自然と減り、リターンの可能性が高まるのです。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT