「ソーシャルロボット」には無限の未来がある

コミュニケーションには値を付けられず

長崎・ハウステンボスにあるホテルの接客ロボ。こうした「ソーシャルロボット」には無限の可能性が広がっている(写真:Trevor Williams/WireImage/Getty Images)

「ソーシャルロボットはあらゆる産業に突然降ってきた無限のビジネスチャンスです」。ロボット開発ベンチャー企業、ヴイストンの大和信夫社長は自信たっぷりにそう語る。

ソーシャルロボットとは、人間とのコミュニケーションを主眼に置いたロボットのこと。従来は対話型ロボット、コミュニケーションロボット、パーソナルロボットなどの異なる呼び名で呼ばれていたが、最近では米国でソーシャルロボットという呼び名に収れんされつつあるようだ。

筆者のIT取材の経験からして、呼び名が1つに収れんされる時は、その製品がこれから大きく飛躍しようとしている時だと思う。その可能性に気づいた人々の間でコミュニケーションが活発になり、共通言語を確立しようとしている時だからだ。

とはいうものの、大和氏の言うように、ソーシャルロボットには本当に無限のビジネスチャンスがあるのだろうか。取材を続ける中で、大和氏の発言が大げさとは言い切れない根拠が幾つか浮かび上がってきた。

テレビが壊れても、ここまで悲しくない

根拠の1つは、家庭向けロボットが、どうやらこれまでの家電製品やネットデバイスとはまったく異なるタイプの製品だということだ。

NHKの「NEXT 未来のために」という番組が、昨年サポートが打ち切りになったソニーの犬型ロボット「AIBO(アイボ)」を取り上げていた。その中で「テレビが壊れても何とも思いません。でもAIBOが壊れると寂しくて仕方がないんです」という60代の一人暮らしの女性の言葉が紹介されていた。この、ロボットに愛着を持つという感覚は、実際にロボットと一緒に暮らしたことがないとなかなか理解できない。

次ページ「ロボットに愛着を持つ」という感覚を理解するには?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 住みよさランキング
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行員の岐路<br>30万人の明日はどっちだ

超低金利、過剰な店舗、デジタル化対応にフィンテックの台頭。大きな課題に直面する銀行の苦悩は、岐路に立たされる銀行員たちの姿でもある。3メガバンクの人事改革、銀行員の転職事情、地銀決算ランキングなど、銀行員必読の特集。