ギリシャ東部で船が転覆、難民34人が死亡

犠牲者の半数近くが子ども

 9月13日、ギリシャ東部エーゲ海のファルマコニシ島沖で、難民や移民が乗った船が転覆し、34人が死亡した。犠牲者のうち15人が子供だという。写真はギリシャのレスボス島沿岸で、乗っていたボートがしぼみ、海に転落する難民ら。同日撮影(2015年 ロイター/Alkis Konstantinidis)

[アテネ 13日 ロイター] - ギリシャ東部エーゲ海のファルマコニシ島沖で13日、難民や移民が乗った船が転覆し、34人が死亡した。沿岸警備当局が明らかにした。死者のうち15人は子どもだという。

船はトルコに近いファルマコニシ島から約5キロ離れた場所で転覆した。犠牲者の国籍や年齢はまだ明らかになっていない。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
会計新基準<br>「売上高」が変わる

売上高が6割減にもかかわらず、営業利益は増えた企業も現れた。会計の新基準を適用した結果だ。全産業にかかわる過去最大の基準変更が今年から徐々に広がっていく。