ギリシャ東部で船が転覆、難民34人が死亡

犠牲者の半数近くが子ども

 9月13日、ギリシャ東部エーゲ海のファルマコニシ島沖で、難民や移民が乗った船が転覆し、34人が死亡した。犠牲者のうち15人が子供だという。写真はギリシャのレスボス島沿岸で、乗っていたボートがしぼみ、海に転落する難民ら。同日撮影(2015年 ロイター/Alkis Konstantinidis)

[アテネ 13日 ロイター] - ギリシャ東部エーゲ海のファルマコニシ島沖で13日、難民や移民が乗った船が転覆し、34人が死亡した。沿岸警備当局が明らかにした。死者のうち15人は子どもだという。

船はトルコに近いファルマコニシ島から約5キロ離れた場所で転覆した。犠牲者の国籍や年齢はまだ明らかになっていない。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • ブックス・レビュー
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
AI店舗の衝撃<br>トライアル、サツドラの挑戦

九州地盤のスーパーと北海道のドラッグストアチェーン。日本の両極で、AI・ハイテクを駆使した近未来店舗が誕生している。デジタルサイネージ広告、AIカメラ、スマートレジ、スマホアプリ……。AI店舗の最前線をルポ。