瀬戸際に立つ太陽電池産業、欧州債務危機が飛び火し軒並み大赤字

エネルギー問題の救世主──。そう見込まれていた太陽電池が一転して窮地に追い込まれている。

200億円超の赤字

2011年春に宮崎県に世界最大級の工場を新設した昭和シェル石油。「大きなジャンプをしないと世界の競争に勝ち残れない」(香藤繁常・昭和シェル石油会長)と、1000億円を投じたが、のっけから壁にぶち当たっている。

同社の太陽電池関連事業の営業損益は11年1~9月で196億円の赤字。もともと11年は立ち上げ費用等で100億円規模の赤字を見込んでいたが、ここまで膨らむのは会社にとっても想定外。11年の年間赤字額は二百数十億円に膨らむ公算が大きい。

国内最大手シャープの同事業も今期は160億円の赤字に陥る見通し。前期は21億円の黒字だった。「国内で集中生産するという従来モデルは、今の環境を考えるとほとんど無理だ」と、片山幹雄・シャープ社長は吐露する。

業界では「手堅く稼いでいる」との評判があった京セラも11年7~9月の太陽電池事業は一転して営業赤字にあえいだ。市況悪化をかんがみ、12年3月期の生産計画も80万キロワットから70万キロワット程度へ下方修正した。

総崩れの原因は円高もあるが、それ以上に響いているのは欧州債務問題だ。住宅など個人向けが9割を占める日本とは違い、欧州ではメガソーラーやオフィス、公共施設などの大型産業用が需要の8割を占める。発注側は大きな投資を賄うため資金調達を行うが、「欧州債務問題で銀行の融資姿勢が慎重になり、おカネを工面できず設置が滞っている」(大和証券キャピタル・マーケッツの加治大器・シニアアナリスト)。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT