瀬戸際に立つ太陽電池産業、欧州債務危機が飛び火し軒並み大赤字

シャープは旧式ラインの奈良県葛城工場だけでなく、最新鋭設備を有する大阪府堺工場でも生産量を縮小予定。一方でイタリアなど海外での太陽電池生産を拡充し、“地産地消”を進めていくという。

パナソニックも兵庫県尼崎市に建設する予定だった太陽電池工場を急きょマレーシアでの建設に切り替えた。現地の人件費の安さなどにより、「生産コストは国内と比べて10%超は低くなる」(同社)。

世界の主要企業が軒並み赤字転落した太陽電池。成長市場に、はや再編の足音が聞こえ始めている構図は、薄型テレビや半導体と同じだ。

昭和シェル石油の業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示 <会員登録(無料)が必要です>]


(西澤 佑介 =週刊東洋経済2012年1月7日号)

記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • トクを積む習慣
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT