YouTube、広告主にアクセス数情報を提供へ

第三者に広告データ収集を認めることを検討

 9月6日、米グーグル傘下の動画投稿サイト「ユーチューブ」が広告主にアクセス数を提供することを検討していると、フィナンシャル・タイムズが報じた。ゼニカで昨年10月撮影(2015年 ロイター/Dado Ruvic )

[6日 ロイター] - 米グーグル<GOOGL.O>傘下の動画投稿サイト「ユーチューブ」は、同サイトに掲載する広告のアクセス数を広告主に提供することを検討している。英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)が報じた。

同紙(電子版)が複数の関係筋の話として伝えたところによると、ユーチューブは第三者の検証グループに広告データの収集を認めることを検討。年末までに開始の予定で、コムスコアやダブルベリファイ、インテグラル・アド・サイエンスといった広告検証事業を手掛ける企業を引き付けそうだ。

同紙によると、英蘭系日用品大手ユニリーバ<ULVR.L>、米食品大手ケロッグ<K.N>といった広告主が、アクセス数が提供されないことに不満を示していたという。

ユーチューブからは今のところコメントを得られていない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • トクを積む習慣
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT