ステンレス業界の苦渋、再編も業績改善の特効薬にならず


 国内のステンレス業界に再編の機運が高まっている。2011年11月、業界3位の日新製鋼と5位の日本金属工業は経営統合に向けた検討を始めたと発表した。11年3月期の売上高は、日新製鋼が5453億円(ステンレス部門は1400億円)で、日金工が932億円。12年10月の統合を目指す。

両社が動いた背景にあるのは、収益環境の悪化だ。リーマンショックがあった09年3月期は、主要メーカーで業績を開示している4社すべてが経常赤字に転落(図)。それ以降も厳しい状況が続く。直近の11年4~9月期も業界首位の新日鉄住金ステンレス(NSSC)が61億円の赤字になった。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ブックス・レビュー
  • 不妊治療のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大物経営者でも容赦なし<br>株主総会で支持率低下続出

LIXILグループなど、株主総会における株主提案が存在感を増している。取締役選任決議を独自に調査し、否決5人を含む賛成率の低い30人と、対前年で賛成率悪化幅の大きい200人のリストを掲載。社外取締役に対する株主の視線は厳しい。