ステンレス業界の苦渋、再編も業績改善の特効薬にならず


 国内のステンレス業界に再編の機運が高まっている。2011年11月、業界3位の日新製鋼と5位の日本金属工業は経営統合に向けた検討を始めたと発表した。11年3月期の売上高は、日新製鋼が5453億円(ステンレス部門は1400億円)で、日金工が932億円。12年10月の統合を目指す。

両社が動いた背景にあるのは、収益環境の悪化だ。リーマンショックがあった09年3月期は、主要メーカーで業績を開示している4社すべてが経常赤字に転落(図)。それ以降も厳しい状況が続く。直近の11年4~9月期も業界首位の新日鉄住金ステンレス(NSSC)が61億円の赤字になった。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT