ステンレス業界の苦渋、再編も業績改善の特効薬にならず

輸出は円高で採算悪化 海外勢の拡大もきつい

ステンレスは、鉄にクロムやニッケルを混ぜてさびにくくした素材だ。キッチンなどの住宅設備や家電製品に多く使用されているが、新設住宅着工数の低迷などで販売が振るわず供給過剰になっている。

そこに、追い打ちをかけているのが、主原料となるニッケルの価格高騰だ。価格の指標であるLME(ロンドン金属取引所)の相場は、投機資金の流入によって乱高下(図)。それにメーカーが対応できていない。客であるゼネコンなどに対して原料の上昇分を販売価格に上乗せするサーチャージ制度を導入しているが、需要が低迷する中では有名無実になっている。「上がるときはきちんと上がってくれないが、下がるときはすとんと下がる」とメーカー幹部は嘆く。


ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。