ステンレス業界の苦渋、再編も業績改善の特効薬にならず

輸出は円高で採算悪化 海外勢の拡大もきつい

ステンレスは、鉄にクロムやニッケルを混ぜてさびにくくした素材だ。キッチンなどの住宅設備や家電製品に多く使用されているが、新設住宅着工数の低迷などで販売が振るわず供給過剰になっている。

そこに、追い打ちをかけているのが、主原料となるニッケルの価格高騰だ。価格の指標であるLME(ロンドン金属取引所)の相場は、投機資金の流入によって乱高下(図)。それにメーカーが対応できていない。客であるゼネコンなどに対して原料の上昇分を販売価格に上乗せするサーチャージ制度を導入しているが、需要が低迷する中では有名無実になっている。「上がるときはきちんと上がってくれないが、下がるときはすとんと下がる」とメーカー幹部は嘆く。


ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「若き老害」常見陽平が行く サラリーマン今さら解体新書
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽの闇 金融商品の罠<br>あなたの親も騙されている

犠牲になったのは郵便局を信頼していた人たちだ。編集部に寄せられた多くの声の主である現役・OBの郵便局員や被害者を徹底取材、かんぽ生命の「組織の闇」をえぐり出す。かんぽだけではない。その他の金融商品にも思わぬ罠が。

  • 新刊
  • ランキング