ステンレス業界の苦渋、再編も業績改善の特効薬にならず

輸出は円高で採算悪化 海外勢の拡大もきつい

ステンレスは、鉄にクロムやニッケルを混ぜてさびにくくした素材だ。キッチンなどの住宅設備や家電製品に多く使用されているが、新設住宅着工数の低迷などで販売が振るわず供給過剰になっている。

そこに、追い打ちをかけているのが、主原料となるニッケルの価格高騰だ。価格の指標であるLME(ロンドン金属取引所)の相場は、投機資金の流入によって乱高下(図)。それにメーカーが対応できていない。客であるゼネコンなどに対して原料の上昇分を販売価格に上乗せするサーチャージ制度を導入しているが、需要が低迷する中では有名無実になっている。「上がるときはきちんと上がってくれないが、下がるときはすとんと下がる」とメーカー幹部は嘆く。


ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT