ステンレス業界の苦渋、再編も業績改善の特効薬にならず

輸出は円高で採算悪化 海外勢の拡大もきつい

ステンレスは、鉄にクロムやニッケルを混ぜてさびにくくした素材だ。キッチンなどの住宅設備や家電製品に多く使用されているが、新設住宅着工数の低迷などで販売が振るわず供給過剰になっている。

そこに、追い打ちをかけているのが、主原料となるニッケルの価格高騰だ。価格の指標であるLME(ロンドン金属取引所)の相場は、投機資金の流入によって乱高下(図)。それにメーカーが対応できていない。客であるゼネコンなどに対して原料の上昇分を販売価格に上乗せするサーチャージ制度を導入しているが、需要が低迷する中では有名無実になっている。「上がるときはきちんと上がってくれないが、下がるときはすとんと下がる」とメーカー幹部は嘆く。


ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • グローバルアイ
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT