住生活グループ会長 潮田洋一郎--イタリアの建材大手を600億円で買収、世界企業の経営構造を取り込む


 コストの格差はどこにあるかといえば、当社は垂直統合をしすぎている。アルミニウムの合金づくりから、圧延、表面処理、すべてのことを全部一貫して持っている。そのようなやり方だと、世界の超高層ビルの外壁材には、あまりにも固定費が高くなりすぎる。

住宅サッシなどの大量生産型の事業であれば一貫生産のメリットがあるが、ビル外壁材などのように1点ごとに仕様の異なる受注生産の場合、垂直統合は必ずしも強みにならない。仕事全体のプロセスでどこが一番付加価値を生むか、ということだが、合金づくり、アルミ圧延、表面処理などの付加価値は高くなく、内作しても外から買ってもあまり変わりがない。

コスト、という点だけでいえば、中国のライバルと同じになってしまうが、むしろ、付加価値の源泉はエンジニアリングの部分であり、プロジェクトを管理するノウハウであり、その点でペルマに学ぶべきところは多い。今回の経営統合によって、国内においても当社の競争のポジションが変わるだろう。
(聞き手:勝木奈美子 撮影:梅谷秀司 =東洋経済オンライン)

◆住生活グループの業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示 <会員登録(無料)が必要です>]

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT