日本は経営学の最先端から取り残されている

ビジネスパーソンは現実を直視せよ

「マネジメントの伝道師」ピーター・ドラッカー、「競争戦略」のマイケル・ポーター、マーケティングのフィリップ・コトラー。「経営学」と聞くとこのような巨人たちの面々を思い浮かべるかもしれない。

一方、日本で触れることのできる経営学は、世界で展開されているもののごく一部にすぎない。そして、決して「新しくない」。実は今、グローバルでは経営学が大きな変貌を遂げている。

社会学や心理学的アプローチがブーム

8月中旬、カナダ・バンクーバー。世界最大の経営学会、アカデミー・オブ・マネジメントの年次総会が開かれた。

週刊東洋経済9月12日号(7日発売)の特集は『たった1日でわかる経営学の教科書』です。ドラッカー、ポーターはもう古い!?最新の経営学の知見を11講座で紹介しています。上の画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

今年のテーマは「Opening Governance(オープン・ガバナンス)」。ビックデータ、クラウド時代のガバナンスといった意味合いだ。さまざまな組織の効率性、創造性を高めるにはどうしたらいいか、情報化時代のリーダーシップのあり方などが議論された。

学会では毎年、さまざまな議論がなされている。「Dare to Care(思いやりと共感の経営学)」「The Informal Economy(インフォーマル経済と経営学)」「The Power of Word(「人の言葉」の持つ力と企業経営)」――。

そのテーマは想像以上に広がっている。経営学は主に「経済学」「認知心理学」「社会学」の3つを理論背景としていると言われており、近年では特に社会学や心理学的アプローチが顕著だ。

次ページ日本からの出席者はわずか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。