ソニー社長交代に圧力、背水のストリンガー体制

ソニー社長交代に圧力、背水のストリンガー体制

ソニーのハワード・ストリンガー会長兼社長CEOの退任観測が強まっている。ソニーの2012年3月期の最終損益は900億円の赤字見通し。600億円の黒字予想から一転、4年連続の最終赤字に転落した。トップ就任から丸6年──。ストリンガー氏はかつてない瀬戸際に立たされている。

異例のOB行脚

ストリンガー氏は10月以降、ソニーの大物OBらに相談を持ちかけている。工場売却や大胆なリストラなどでエレクトロニクス部門の立て直しを図ったが、低迷からの出口は見えない。ストリンガー氏に対してOBらが向ける目は厳しく、不満は最高潮に達している。彼らに自ら意見を求める姿は異例とも言えるが、「ハワードはすっかり自信をなくしている」とOBは打ち明ける。

本来ならば、今年4月にストリンガー氏は自らと同じくソフト部門を歩んできた副社長の平井一夫氏に社長を譲るつもりだったようだ。

ストリンガー氏自身、70歳を前に、持病の腰痛を抱えながら米国と日本を行き来する生活は体力的にも限界だ。英語に堪能で意思疎通がしやすい50歳の平井氏に後任を譲り、院政を敷くことが最有力とみられていた。

だが、平井氏はゲーム事業の債務超過を解消させた実績があっても、本流のエレクトロニクス事業の経験がない。社外取締役らによる「時期尚早」との反対意見もあり社長就任は見送られ、赤字のテレビ事業再建を任された経緯がある。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
  • エネルギーから考えるこれからの暮らし
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT