ソニー社長交代に圧力、背水のストリンガー体制

しかし、OBらは、ストリンガー氏が信頼を置き、指名委員会議長を務める社外取締役の小林陽太郎氏(富士ゼロックス元名誉会長)への根回しも進めており、有力候補に躍り出る可能性もある。

さらにもう一人、名前が挙がるのが家庭用ゲーム機「プレイステーション」の生みの親である久夛良木健氏だ。「出井さんが彼を社長に指名していれば、ソニーはここまで衰退しなかった」とあるOBは指摘する。

だが、現場社員は「デジタル時代は1年半ごとに世代が変わる。現場を離れた人物やOBがソニーを動かせるとは思えない」と懐疑的だ。

社員や株主、OBとさまざまな思惑が交錯する中、ソニーの社長選びはいつもサプライズがついて回ってきた。意外な人物が選ばれるの世界経済が常で、そう考えると今回も一筋縄ではいきそうにない。ソニーは誰に未来を託すのか。行方は混迷を極めている。

ソニーの業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示 <会員登録(無料)が必要です>]


(本誌:前田佳子 =週刊東洋経済2011年12月17日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT