30代働き盛りを刺激する大人旅「2大穴場」

海外渡航350回超、山下マヌー氏に聞く

――1000キロということは、東京と稚内くらい離れているということですね。確かにそれなりに距離はあります。イスタンブールの魅力はなんですか?

イスタンブールの街を訪れた山下氏(写真:山下マヌー氏提供)

東洋と西洋の文化がミックスしている点ですね。そのミックスセンスやデザインが面白いと、ファッション業界の人たちからも熱い視線を浴びています。安倍首相も、去年2回トルコに行っています。日本の総理大臣が1年に2回も行く国なんて、滅多にありません。そのくらい今、注目されているんです。そもそもイスタンブールは、2020年のオリンピック・パラリンピックの開催地を東京と最後まで競った都市ですからね。

でもイスタンブールのスーパーには、日本のものはまだほとんどないんです。イスタンブールに住んでいる日本人がまだ1000人もいないですからね。それでも、2013年11月に、三菱東京UFJ銀行がトルコにおける邦銀唯一の現地法人として営業を開始した。ということは、これから間違いなく伸びるということですよ。若い人もすごく増えているし、とてもエネルギッシュ。それを考えたら、今、トルコも見ておいたほうがいい。

メジャーになって行くのでは遅い

――確か、今年、トルコと日本は友好125周年でしたよね。1890年にトルコの軍艦エルトゥールル号が、現在の和歌山県串本町の沖合で座礁、沈没した事故がありましたが、あれから125周年たって、今年は関連イベントが多い印象です。

そう、125年たって、今年の12月には「エルトゥールル号」を題材にした邦画も公開になる。でもさきほどのキューバと一緒で、メジャーになってから行くのでは遅いんですよ。「もうとっくに目をつけておいたもんね」みたいなことのためにも、このシルバーウィークに行くのがいい。

――キューバもイスタンブールも、発見のある、いい旅ができそうですね。

団塊の世代の人たちが若い頃にはアメリカに行け、と言われたわけです。その下の世代は、中国に行け、さらにその下はベトナムやシンガポールに行け、と言われたわけです。じゃあ、今のフロンティアはどこかといったら、キューバやイスタンブールのような場所だと思うんです。フロンティア=新天地には「ヒント」があふれているわけです。

次ページ仕事のヒントが詰まっている
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT