30代働き盛りを刺激する大人旅「2大穴場」

海外渡航350回超、山下マヌー氏に聞く

――まさにこの7月に、アメリカとキューバは国交回復したばかりですね。外国人観光客もあっという間に増えそうです。

おっしゃるとおりです。時間がたてばたつほど、アメリカナイズされてつまらなくなってしまいますし、開発も進みます。キューバを見に行くのは絶対、今ですよ。

――なるほど。まさに今、行くのが「通」というわけですね。おススメの楽しみ方はありますか?

キューバはビーチも美しい(写真:山下マヌー氏提供)

首都ハバナの旧市街は世界遺産で、スペイン統治時代の古い建物がそのまま残されていて、趣深い。シガーの工場見学も面白いですよ。見学の最後に、シガーはもちろん、ラムも一緒に出てくるので、シガーとラムで、文豪ヘミングウェイ気分も味わえたりして……。実際にヘミングウェイが通っていたバーやレストランに行き、彼の足跡をたどってみるのもいいと思います。

それと、まだ乱開発されていないので海がきれいです。キューバ最大のリゾート地、バラデロビーチは実はカリブ海一美しいと言われています。海沿いにシカゴのマフィア、アル・カポネが黒珊瑚で作った素晴らしい別荘がそのまま残され、バーとして利用されていたりする。こんな場所はないですよ。

――海がきれいなのは女性も楽しめそうでうれしいです。でもロマンが詰まった旅になりそうだから、特に男性は夢中になりそうですね。

遊びはもちろんだけど、これから絶対に可能性がある国。それもまたビジネスマンにオススメの理由。アメリカとキューバの国交回復を機にビジネスコーディネーターがすごく増えている一方で、まだ日本とのビジネスはほとんどない。そういう状況を探ってくるのも、すごく面白いと思いますよ。

おまけに円安の影響をあまり受けない上、物価も安い。まだみんなにあまり知られてないし、旅感も満載。まさに穴場ですね。

2020年五輪開催地を争ったイスタンブール

――シルバーウィークに「キューバに行ってきた」というのは、まさに「旅感」ありますよね。とはいっても、飛行機の乗り換えがあるのはちょっと面倒、という人もいると思うんです。どこか、直行便で行ける「旅感のある穴場」はありませんか?

夕暮れ時のイスタンブール(写真:山下マヌー氏提供)

トルコのイスタンブールはどうですか? ターキッシュエアラインズの直行便があるので、イスタンブールだけなら5日間あれば十分楽しめます。9月は時期も最高だし、トルコリラも下がっているのでちょうどいい。ボスポラス海峡を境に、東洋と西洋を一時間足らずで行き来できる面白さがありますよね。

――イスタンブール! これは盲点でした。トルコというと旅慣れた人の終着点というか、根強いファンのリピーターが多い印象ですね。でもトルコは、シリアやイラクに隣接しているので、治安や情勢を心配する人もいるかと思うのですが、旅の初心者でも大丈夫でしょうか?

シリア国境からイスタンブールは、直線距離にして約1000キロ以上離れています。もちろん海外なので日本のように安全と水はタダ、と考えないほうがいいとは思います。

次ページ安倍首相は昨年2回も行っている
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT