工作機械中堅のツガミ、中国での増産で一段成長へ

工作機械中堅のツガミ、中国での増産で一段成長へ

工作機械中堅のツガミが中国展開を加速している。

この11月、浙江省の子会社・津上精密机床の増築工事を完了。生産能力をこれまでの月産600台から1000台に引き上げた。さらに、隣接するドイツ企業の工場跡地買収を検討していることも公表した。交渉が成立すれば、敷地面積は現在の10万平方メートルから倍増することになる。

「中国では協力工場を探したり、倉庫を借りたり……。非常に忙しい」と、西嶋尚夫社長は今の状況を語る。

スマホ関連の受注増 重要性増す中国事業

強気の設備投資には、巨大市場への期待が込められている。工作機械業界では近年、新興国の工業化や製造業の海外移転に伴って、各社の売上高に占める外需比率が上昇。ツガミでも、全売上高の73%が海外向けとなっている(2011年3月期)。

その中で、特に成長著しいのが中国だ。金融引き締めを受けて買い控えの動きがあるものの、潜在需要は根強い。


ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。