AppleWatch、首位のFitbitにシェアで肉薄

 8月27日、アップルがウエラブル端末市場で首位フィットビットに肉薄していることが調査会社のデータで分かった。写真はアップル製品を見詰める人。モスクワで7月撮影(2015年 ロイター/Maxim Shemetov)

[27日 ロイター] - 6月に「アップル・ウォッチ」を発売した米アップル<AAPL.O>が、ウエラブル端末市場で首位の米フィットビット<FIT.N>に肉薄していることが調査会社IDCのデータで分かった。

IDCによると、第2・四半期のフィットビットの出荷台数が440万台であるのに対し、アップル・ウォッチは360万台だった。

またウエラブル端末全体の出荷台数は合計1810万台と、3倍以上に増加したとしている。

アップル・ウォッチは健康関連の機能やアプリを多数備えており、フィットネス向けのウエアラブル端末であるフィットビットにとって最大の脅威と見られている。

IDCは、フィットビットは基本的な機能を備えたウエラブル端末のみを販売しているため、今後数年で市場シェアを落とす見込みとして、「アップルがウエラブル端末市場全体で首位に立つ勢い」と分析している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT