松井玲奈が明かした新幹線への熱すぎる思い

卒業後の「進路」にも言及

鉄道ファンとしても知られる松井玲奈さん

“日本一、東海道を新幹線で往復しているアイドル”こと、松井玲奈さん(SKE48)が8月31日にSKE48を卒業する。松井さんは大の鉄道ファンとして知られ、SKE48はリニア・鉄道館(愛知県名古屋市)の特別親善大使でもある。

8月22日、リニア・鉄道館で松井さんのスペシャルトークショーが開催され、ファンの前で鉄道への思いや卒業後の活動について語った。午前と午後の2回行われたトークショーの内容を再構成してお届けする。

初めて新幹線に乗ったとき

――初めて乗った新幹線は?

自分のはっきりした記憶では300系です。祖父母の家に遊びに行く時に乗りました。

でも両親は「0系にも100系にも乗せたことがある。100系の2階建ての席にわざわざ乗せたことがあるのに覚えていないのか」と言われてしまいました。なぜそれを覚えていないだろうと後悔しています。

――初めて新幹線に乗ったときの印象は?

当時はまだそれほど鉄道に興味がなくて、兄のほうがワクワクしていた。「どの新幹線に乗れるかなあ」って。

昔は新幹線の中でテレホンカードが売っていて、兄はそれを買ってもらうのをとても楽しみにしたんです。今は私のほうが鉄道好きになってしまいました。

次ページ新幹線には顔がある
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。