新幹線車内を"広く"感じさせる「錯覚」の力

デザインに隠されたこれだけの秘密

車体形状に注目が集まりがちな東海道新幹線だが、室内にも注目してほしい(写真 : tackune / PIXTA)

日本を代表する幹線として、年間1億5500万人(2013年度)もの乗客を運ぶ東海道新幹線。

普段はビジネスパーソンが乗客の7割を超えるなど、文字どおり日本経済の大動脈として高い乗車率を誇るが、お盆や正月には帰省客や旅行客でごったがえし、乗車率は150%を超えることもある。

その車内をゆっくりと見まわしてみたことがあるだろうか。

現在、東海道新幹線で運行されている700系車両は運行開始当時、マスコミから“カモノハシ”とニックネームをつけられるなど、車体形状に注目が集まりがちだ。一方で、乗り込んですぐノートパソコンを開き作業を始められるのも、仕事の合間にちょっと一休みとうたた寝ができるのも、車両の洗練された外観同様に磨き抜かれた車内空間ゆえだ。その快適さを実現するのが、デザインの力である。

快適さをもたらす「錯覚」のしかけ

乗客は、たとえば東京から新大阪間に向かうなら2時間22分(最短)、広島までとなれば3時間50分もの間、車両のなかでじっと座っていなければならない。

普通車であれば3mほど(車体幅は3360mm)の間に5人分の椅子が並び、かつその間に通路がある。そう聞くと「狭い」と感じそうになるが、その数値から受ける印象ほどに狭くは感じない。そこには「錯覚」をもたらす、デザインの力が大きく関与している。

東海道新幹線300系車両をはじめ、700系やN700系、N700Aなど多くの新幹線車両のデザインに参加してきた福田哲夫氏は、こう語る。

「ある空間の幅や高さといった物理的な距離は、測れば数値が出ます。その数値以上に、“広く”したり、“高く”したり、一方で“狭く”も“低く”もできるのがデザインの力です。空間の物理的距離以上に“広く”感じ、快適に過ごしてもらえるようにするのが、デザインの大きな仕事のひとつともいえるでしょう」

次ページ室内での錯覚を生かした手法とは?
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • インフレが日本を救う
  • コロナショック、企業の針路
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。