「設備投資」に超積極的な100社ランキング

1位のトヨタは1兆2000億円を計画

トヨタ自動車九州・宮田工場におけるレクサスの組み立てライン作業風景(撮影は2014年。設備投資額のトップはトヨタ自動車だ

企業の設備投資が動き出した。日本銀行が7月1日に発表した、6月調査分の企業短期経済観測調査(短観)の2015年度設備投資計画は「ポジティブサプライズ」ともいうべき内容だった。

「この時期として近年まれに見る大幅な上方修正」(ニッセイ基礎研究所の上野剛志シニアエコノミスト)との指摘もあり、企業の投資意欲の回復を裏付ける結果となった。

特に目立ったのが、大企業製造業の投資計画だ。3月調査では前年度比5.0%増だったのに対し、今回は同18.7%増と11年ぶりの高い伸び率を記録した。

一部に国内回帰の動きも

最近の業績好調が投資行動を後押しする。老朽化した設備の更新に取り組む企業が増えてきた。円安進行で一部には国内回帰の動きも出ており、これに伴って能力増強投資に踏み切るケースもあるようだ。

人手不足感の高まりを背景にした省力化投資も活発化している。6月調査の日銀短観で、雇用が「過剰」と答えた企業から「不足」と答えた企業の割合を差し引いた雇用人員判断DIは、大企業全産業ベースでマイナス9。3月調査から1ポイントのマイナス幅縮小にとどまり、「不足超」が続く。

財務省の法人企業統計によると、企業の設備投資額はリーマンショックが起きた2008年度以降、2012年度まで5期連続で減価償却費を下回っていた。「巡航速度」で経営している企業の場合、投資額を減価償却費の範囲内に抑えるのが一般的だ。

しかし、2013年度には投資額が減価償却費を超過し、足元もその状態が続いていると見られる。投資を極力抑えて内部留保などに回していた企業が、前向きな姿勢へと変わってきたことの表れといえそうだ。

次ページ投資による減益は悪材料ではない
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT