「ビッグベン」の鐘は最大で6秒遅れていた

点検回数を増やし、正確さの維持を目指す

 8月25日、「ビッグベン」で知られる英国会議事堂の時計台(写真)の鐘の音が、今月半ばごろに毎時最大で6秒遅れていたことが分かった。5月撮影(2015年 ロイター/Stefan Wermuth)

[ロンドン 25日 ロイター] - 「ビッグベン」の愛称で知られる英国会議事堂の時計台。定時になると鐘の音を鳴り響かせているが、今月半ばごろにこの鐘の音が毎時最大で6秒遅れていたことが分かった。

調査に当たっているエンジニアらによると、遅れが確認されたのは今月15日前後。「いくつかの小さな問題が原因かもしれない」としている。

時計は振り子の上に乗せられた古いペニー硬貨によって制御されており、現在では遅れは1秒未満になっているという。国会議事堂はウェブサイトで「1週間あたり3回だった定期検査を週末を含め毎日行っている」としている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ブックス・レビュー
  • 最新の週刊東洋経済
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT