「ビッグベン」の鐘は最大で6秒遅れていた

点検回数を増やし、正確さの維持を目指す

 8月25日、「ビッグベン」で知られる英国会議事堂の時計台(写真)の鐘の音が、今月半ばごろに毎時最大で6秒遅れていたことが分かった。5月撮影(2015年 ロイター/Stefan Wermuth)

[ロンドン 25日 ロイター] - 「ビッグベン」の愛称で知られる英国会議事堂の時計台。定時になると鐘の音を鳴り響かせているが、今月半ばごろにこの鐘の音が毎時最大で6秒遅れていたことが分かった。

調査に当たっているエンジニアらによると、遅れが確認されたのは今月15日前後。「いくつかの小さな問題が原因かもしれない」としている。

時計は振り子の上に乗せられた古いペニー硬貨によって制御されており、現在では遅れは1秒未満になっているという。国会議事堂はウェブサイトで「1週間あたり3回だった定期検査を週末を含め毎日行っている」としている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT