中国の戦勝式典、10カ国以上の軍隊が参加

ロシア、カザフスタンなどの軍がパレード

 8月21日、中国の政府高官は、ロシアやカザフスタンなど10カ国以上の軍隊が、9月3日に行われる予定の抗日戦争勝利70年記念の軍事パレードに参加する予定だと明らかにした。写真はリハーサル。23日撮影(2015年 ロイター)

[北京 21日 ロイター] - 中国の政府高官は21日、ロシアやカザフスタンなど10カ国以上の軍隊が、9月3日に行われる予定の抗日戦争勝利70年記念の軍事パレードに参加する予定だと明らかにした。全ての参加国は不明だが、モンゴルの参加も報道されている。

イベント中は天安門広場や紫禁城など観光地や繁華街は立ち入り禁止となり、交通機関、学校、生産現場の稼働、一般車の通行も制限される。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。