中国の戦勝式典、10カ国以上の軍隊が参加

ロシア、カザフスタンなどの軍がパレード

 8月21日、中国の政府高官は、ロシアやカザフスタンなど10カ国以上の軍隊が、9月3日に行われる予定の抗日戦争勝利70年記念の軍事パレードに参加する予定だと明らかにした。写真はリハーサル。23日撮影(2015年 ロイター)

[北京 21日 ロイター] - 中国の政府高官は21日、ロシアやカザフスタンなど10カ国以上の軍隊が、9月3日に行われる予定の抗日戦争勝利70年記念の軍事パレードに参加する予定だと明らかにした。全ての参加国は不明だが、モンゴルの参加も報道されている。

イベント中は天安門広場や紫禁城など観光地や繁華街は立ち入り禁止となり、交通機関、学校、生産現場の稼働、一般車の通行も制限される。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT