中国の戦勝式典、10カ国以上の軍隊が参加

ロシア、カザフスタンなどの軍がパレード

 8月21日、中国の政府高官は、ロシアやカザフスタンなど10カ国以上の軍隊が、9月3日に行われる予定の抗日戦争勝利70年記念の軍事パレードに参加する予定だと明らかにした。写真はリハーサル。23日撮影(2015年 ロイター)

[北京 21日 ロイター] - 中国の政府高官は21日、ロシアやカザフスタンなど10カ国以上の軍隊が、9月3日に行われる予定の抗日戦争勝利70年記念の軍事パレードに参加する予定だと明らかにした。全ての参加国は不明だが、モンゴルの参加も報道されている。

イベント中は天安門広場や紫禁城など観光地や繁華街は立ち入り禁止となり、交通機関、学校、生産現場の稼働、一般車の通行も制限される。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 中原圭介の未来予想図
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。