「イスラム国」、パルミラの古代神殿を爆破

ローマ時代の重要遺跡を破壊

 8月23日、過激派組織「イスラム国」がシリア・パルミラの古代遺跡にあるバール・シャミン神殿を爆破した。写真は破壊される前のパルミラの古代遺跡。2010年9月撮影(2015年 ロイター/Nour Fourat)

[ダマスカス 24日 ロイター] - 過激派組織「イスラム国」が23日、シリア・パルミラの古代遺跡にあるバール・シャミン神殿を爆破した。同国の文化省文化財博物館総局のマムーン・アブドルカリム総裁が明らかにした。

5月にパルミラを制圧して以降、イスラム国がローマ時代の重要遺跡を破壊したのはこれが初めてとみられている。

イスラム国は先週、パルミラで50年以上にわたって活動していた考古学者ハレド・アサド氏(82)を殺害。同氏はイスラム国に1カ月以上拘束されていた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 財新
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。