「イスラム国」、パルミラの古代神殿を爆破

ローマ時代の重要遺跡を破壊

 8月23日、過激派組織「イスラム国」がシリア・パルミラの古代遺跡にあるバール・シャミン神殿を爆破した。写真は破壊される前のパルミラの古代遺跡。2010年9月撮影(2015年 ロイター/Nour Fourat)

[ダマスカス 24日 ロイター] - 過激派組織「イスラム国」が23日、シリア・パルミラの古代遺跡にあるバール・シャミン神殿を爆破した。同国の文化省文化財博物館総局のマムーン・アブドルカリム総裁が明らかにした。

5月にパルミラを制圧して以降、イスラム国がローマ時代の重要遺跡を破壊したのはこれが初めてとみられている。

イスラム国は先週、パルミラで50年以上にわたって活動していた考古学者ハレド・アサド氏(82)を殺害。同氏はイスラム国に1カ月以上拘束されていた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT