アメリカは極右イスラエルをどうするのか

イランと欧米諸国の核合意がもたらすもの

ネタニヤフ政権の攻撃的姿勢は以前から明らかですが、実際には先制攻撃のような事態は起こらないでしょう。オバマ政権のアメリカがイスラエルによる攻撃を支持していないからです。

6カ国とイランとの間で、核問題についての最終合意がなされた今の段階で、戦争を起こしたがっているのは、ロシアのほかにはイスラエルだけです。欧州各国およびオバマ政権は、「ネタニヤフは中東で新たな戦争を始めようとする危険人物である」としか見ていません。

アメリカはネタニヤフ政権を見放す可能性も

イスラエル国民が懸念すべきは、ネタニヤフ首相の発言に対して、欧米社会ではアメリカの共和党の一部の議員以外、誰も耳を傾けていないという事実です。親イスラエルのユダヤ系アメリカ人も、全員がイランとの和解に反対しているわけではありません。ネタニヤフがあくまでイラン攻撃を主張するなら、アメリカは現政権を見放すことになるでしょう。

アメリカがイスラエルの懐柔に失敗したら、おそらくネタニヤフ政権は崩壊するだろうと、私は予想しています。120議席のうち61議席しか持っていないということは、どこかひとつの政党をひっくり返すだけで与野党が逆転してしまうことになるからです。イスラエル経済はかなり疲弊しているので、アメリカ政府がその気になれば、政局をひっくり返すことは簡単にできるでしょう。

もともとイスラエルは、アメリカにとって中東における強力な手駒のひとつです。ネタニヤフ政権が崩壊して、新しい政権が中東の安定のために妥協してくれるのであれば、アメリカにとってそれがベストな選択肢となるはずです。

なお、新刊『石油とマネーの新・世界覇権図 ~アメリカの中東戦略で世界は激変する』(ダイヤモンド社)が発売されました。

なぜアメリカとイランの和解が世界を大きく動かすのか?
これからの世界経済にどういった地殻変動が起こっていくのか?
新しい世界覇権の争いはどういった経路をたどっていくのか?
これからの国際紛争はどういった展開をしていくのか?
新しい世界秩序が日本に何をもたらすのか?

このたびの新刊では、歴史的な背景をひもときながら、以上の疑問にわかりやすくお答えしています。もし興味がございましたら、ぜひご覧ください。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT