ソーシャルメディアマーケティング最前線《下》--実践例に見るメディアごとの特性とブランディングに与えた影響

ソーシャルメディアマーケティング最前線《下》--実践例に見るメディアごとの特性とブランディングに与えた影響

今回は、前回ご紹介した協和発酵キリン「THUNDERBIRDS Lab.」プロジェクトが、同社のブランディングにもたらした影響を見ていきたいと思います。

協和発酵キリン「THUNDERBIRDS Lab.」は、40~50代男性ビジネスパーソンをターゲットに同社が研究開発に強みを持つ「抗体医薬」の認知率向上と、「抗体医薬に強みを持つ製薬会社である」との想起率向上を狙ったブランディング施策です。
 
 「楽しみながら抗体医薬を学べる」をコンセプトにしたオフィシャルサイトを中心にソーシャルメディア、ペイドメディアを利用したトリプルメディア戦略を敷き、幅広くリーチを図りました。

まず、各プロジェクトがもたらした結果を見ていきましょう。

【オフィシャルサイト】

オフィシャルサイトは、ターゲットの抗体医薬への理解を深める目的で設計し、サイトユニークユーザー数は、開設以来の累計で約50万に上りました。また「THUNDERBIRDS Lab.」で抗体医薬に関するレッスンとテストを受けて隊員になったユーザーの数は2011年10月現在で、3万5000人を超えています。

このオフィシャルサイトを中心に今回のプロジェクトを組んだわけですが、流入元サイトとしてはソーシャルメディアが大きな効果を発揮しました。流入元サイト別の滞在時間を比較すると、広告流入よりもソーシャルメディア経由での流入のほうが、圧倒的に滞在時間が長いことがわかったのです。
 
 これは、ソーシャルメディアでユーザーと密にコミュニケーションを図り、関係性を築けていたことによって、オフィシャルサイト誘引後も、自然とコンテンツに興味を持ってもらえたからと推測しています。

この結果から「抗体医薬の理解」という本来の目的に対しては、ソーシャルメディアが大きく貢献したことがわかります。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT