カルビー「フルグラ」、4年で年商5倍の裏側

あえて「脇役」に徹して「主役」を狙う戦略とは

閉塞感が出まくっているフルグラに、大きな転機が訪れた。それは「ヨーグルトとのマリアージュ」だった。

朝食と言えばまっさきに浮かぶものの一つがヨーグルト。食べきりのミニカップサイズ、450グラム前後のプレーンヨーグルトなど消費者の嗜好はさまざまだが、後者のプレーンを食べる場合、ジャムやフルーツなど、何かを混ぜて食べるのが一般的だ。

「主役をやめ、脇役になった」

それがヒントだった。ヨーグルトを食べている層に、「ヨーグルトに混ぜるもの」として、フルグラを訴求できないか。「フルグラが主役ではなく、あくまで『ヨーグルトの友達としてのフルグラ』に転換したのです」(藤原氏)。

この考え方は正しかった。フルグラだけで食べてもらうのではなく、ヨーグルトと一緒に食べるというポジションを取ったことで、ついに新しい市場を切り開いたのである。「ヨーグルトとフルグラを混ぜたときの食感」や「ヨーグルトの乳酸菌とのフルグラの食物繊維の相乗効果」などなど、ヨーグルトとセットにした価値を訴えた。

フルグラのヒットも手掛けた戦略PRの専門家であるM3カンパニーの松本淳社長はこう語る。「フルグラの最大の成功要因は、ポジショニングの転換。既存市場でのシェア争いをするのではなく、別市場の大きい波にどう乗るか。ヨーグルトを食べる層を狙ったことで、競合相手は他のシリアルからジャムやフルーツに変わったのです」。

ヨーグルト等の「洋朝食市場」から顧客を取り込んだカルビーだが、「朝食市場で売上高1000億円達成」にむけて次に狙いを定めるのは、「和朝食」だ。

次ページ本当に和朝食マーケットをとりこめるのか?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT