日本円は、本当に「安全通貨」と言えるか

世界最大級FX会社幹部が見た「円の問題点」

これらの潜在リスクがあるからこそ、FX会社を選ぶ際も、慎重に行う必要がある。例えば今年1月、スイス国立銀行が、スイスフランの対ユーロ上限を撤廃したため、スイスフランが対ユーロで暴騰するという「スイスフランショック」が起こった。

この時、多くのFX会社ではレートがスリップしたり、破綻に追い込まれたりするところも出てきた。だが、ゲイン・キャピタルは事前にマーケットの異変を察知していた。

手数料やスプレッドだけでFX会社を選んではいけない

同社によると、当時からユーロ/スイスフランの取引に異常な偏りが見られたという。そのため、スイスフランショックが起こる数カ月前から証拠金率を引き上げるなどして、投資家が高いレバレッジを掛けてポジションを持てないようにしていた。

その結果、「リスクは限定され、わが社で取引をする投資家は、大きな損失を出すこともありませんでしたし、会社の財務健全性も維持できました。日本では、スプレッドの狭いFX会社が持てはやされる傾向がありますが、これだとマーケットが混乱した時に、取引が成立しなくなる恐れがあります。大事なのは手数料やスプレッドの小ささではなく、いざという時に投資家と会社の財務健全性を守れるリスク管理ができているかどうかに尽きます」。

ショックはいつ起こるかわからない。自分の資産を守るためにも、リスク管理のしっかりしたFX会社を取引相手に選ぶ必要性が、今後ますます高まってきそうだ。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT