日本円は、本当に「安全通貨」と言えるか

世界最大級FX会社幹部が見た「円の問題点」

8月11日から中国は人民元を3日連続で切り下げた。これからもさまざまな通貨ショックが予想されるが、FX会社の中には、いざというときのリスク管理ができていない会社もある(写真:ロイター/アフロ)

なぜ日本ではFX取引が「超人気」なのか

世界中で1日あたり5兆ドルもの取引が行われている外国為替市場。これは米国株式市場における1日の売買高の、なんと約25倍にのぼる。

現在、世界180カ国でサービス展開しているトレーディング会社、ゲイン・キャピタルのアジア太平洋地域統括責任者であるシェーン・ブランシタイン氏は、外国為替取引のマーケットは、今後も拡大していく可能性が高いと見る。

銀行間取引やFXを通じた個人取引に加え、ヘッジファンドなど新しい市場参加者が増えているためだ。また市場も、先進国だけでなく新興国でも順調に拡大している。

同社は1999年に設立され、オンラインによるトレーディングソリューションを提供。インターネットが金融取引に入ってくる過程の中で、FXのトレーディングを中心にして業容を拡大してきたグローバル規模のトレーディング会社だ。現在はFXだけでなく、コモディティやオプション、個別株式、さらには個別株式のデリバティブ取引に対応するとともに、顧客層も個人投資家だけでなく、機関投資家にまで広げている。

ブランシタイン氏は、拡大するFXマーケットの中で、日本の2つの特異性を指摘する。

「ひとつは提供商品の問題です。日本はオンライントレーディングの中でFX取引の割合が極めて大きい。海外では、オンラインで取引できる商品の種類が日本に比べて多いため、FXだけが際立って大きく取引されることがありません。もう一つは低金利政策です。日本は15年ほど前から低金利政策が取られ、金利の低い円を売り、より金利の高い外貨を買うというキャリートレードが頻繁に行われていました。こうした歴史的事情も、他の国に比べて日本でFXが人気化した背景にあると思います」。

次ページ円は本当に「安全通貨」なのか
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT