MLB=岩隈が野茂以来のノーヒットノーラン、「気持ちで投げた」

野茂に次ぎ日本人2人目

[12日 ロイター] - 米大リーグ(MLB)マリナーズの岩隈久志投手は12日、シアトルでのオリオールズ戦に先発し、無安打無得点試合を達成した。日本人選手では野茂英雄氏に次いで2人目。

岩隈は116球を投げ、3四球7奪三振で今季4勝目(2敗)を挙げた。試合は3─0でマリナーズが勝った。

岩隈は試合後のインタビューで「気持ちで投げた」とコメント。「たくさんの応援のおかげでノーヒットノーランを達成できた」と、ファンらに感謝の言葉を伝えた。

野茂氏はドジャース時代の1996年、レッドソックス時代の2001年にノーヒットノーランを達成した。

アメリカン・リーグでノーヒッターが出たのは、チームメートのフェリックス・ヘルナンデス投手がレイズ戦で完全試合を達成した2012年8月15日以来。MLB全体では今シーズン4人目となる。

マーリンズのイチロー外野手は、地元でのレッドソックス戦に7番・右翼で先発出場。5打数2安打、3打点、1三振、2得点の活躍を披露した。マーリンズは14─6で快勝。

ジャイアンツの青木宣親外野手は、地元でのアストロズ戦に1番・左翼で先発出場。2打数ノーヒットの内容で、5回の守備からベンチに退いた。ジャイアンツは0─2で敗戦。

*内容を追加します。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。