MLB=岩隈が野茂以来のノーヒットノーラン、「気持ちで投げた」

野茂に次ぎ日本人2人目

[12日 ロイター] - 米大リーグ(MLB)マリナーズの岩隈久志投手は12日、シアトルでのオリオールズ戦に先発し、無安打無得点試合を達成した。日本人選手では野茂英雄氏に次いで2人目。

岩隈は116球を投げ、3四球7奪三振で今季4勝目(2敗)を挙げた。試合は3─0でマリナーズが勝った。

岩隈は試合後のインタビューで「気持ちで投げた」とコメント。「たくさんの応援のおかげでノーヒットノーランを達成できた」と、ファンらに感謝の言葉を伝えた。

野茂氏はドジャース時代の1996年、レッドソックス時代の2001年にノーヒットノーランを達成した。

アメリカン・リーグでノーヒッターが出たのは、チームメートのフェリックス・ヘルナンデス投手がレイズ戦で完全試合を達成した2012年8月15日以来。MLB全体では今シーズン4人目となる。

マーリンズのイチロー外野手は、地元でのレッドソックス戦に7番・右翼で先発出場。5打数2安打、3打点、1三振、2得点の活躍を披露した。マーリンズは14─6で快勝。

ジャイアンツの青木宣親外野手は、地元でのアストロズ戦に1番・左翼で先発出場。2打数ノーヒットの内容で、5回の守備からベンチに退いた。ジャイアンツは0─2で敗戦。

*内容を追加します。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
会計新基準<br>「売上高」が変わる

売上高が6割減にもかかわらず、営業利益は増えた企業も現れた。会計の新基準を適用した結果だ。全産業にかかわる過去最大の基準変更が今年から徐々に広がっていく。