バトン・ジェシカ夫妻の指輪が盗難被害

催眠ガスの使用は未確認

 8月7日、F1ドライバー、ジェンソン・バトンさんとジェシカさん夫妻(写真)が仏南部サントロペで盗難に遭い、ジェシカさんの婚約指輪などが盗まれた。バーレーンで4月撮影(2014年 ロイター/HAMAD I MOHAMMED)

[ニース(フランス) 7日 ロイター] - 自動車レースF1のドライバー、ジェンソン・バトンさんと妻のジェシカさんが友人らと滞在していたフランス南部サントロペの貸別荘に2人組の男が押し入り、ジェシカさんの婚約指輪など30万ユーロ(約4100万円)相当の宝飾品が盗まれた。

地元警察が7日明らかにした。容疑者らは現在も逃走中。

事件が起きたのは3日夜。バトンさんが目を覚ました際に強盗被害に気付いたが、けが人はいないという。

バトンさんの広報担当者はBBCに対し、犯人がエアコンから催眠ガスを流し込んだ可能性があると語ったが、地元の検察と警察当局はその証拠は現段階で確認できていないとしている。

広報担当者によると、現在、催眠ガスの使用の有無を調べるため、被害者から採取した血液と尿サンプルを検査中で、結果が出るには数日かかるという。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • ブックス・レビュー
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱炭素時代に生き残る会社<br> 独自調査で測る各社の「本気度」

地球温暖化の危機的状況を受け、「エネルギーシフト」の奔流が渦巻いている。日本企業も再生可能エネルギーの調達に本腰を入れ、「脱炭素経営」に舵を切り始めた。主要108社が回答した独自アンケートなどから、生き残りのカギを探る。