一流の開発トップは「話を聞く」を徹底する

「Elasticsearch」生みの親の開発哲学

――そうやって世界中のコントリビューターの意見に耳を傾けるのは疲れませんか?Shayさんはユーザーからの問い合わせにも自ら回答し、かなりのハードワークをしていると聞きます。

疲れていないですよ、まだ(笑)。

家庭において、まだ小さい子供が「お父さん、お父さん」としつこく質問をしてくるのと一緒だと思うんです。

質問してくるということは、新しい知識を得たいと考えているからでしょう。もし重要なアイデアに対して私が答えなかったら、大事なイノベーションが生まれるのを邪魔していることになる。全てに回答するのは自分の責任です。

もちろん、時には疲れることもあります。でも、メールを書いたりミーティングしたりという仕事が多くなってきている中で、コーディングはいまや、私にとっての瞑想のようなものになっているんですよ(笑)。

問われるのはイノベーティブであるかどうか

――多くの人の意見を聞くことがイノベーションにつながるという考えはよく分かります。ですが一方で、ソフトウエアエンジニアは1人でもイノベーションを起こし得る仕事ですし、独創的なアイデアは合議制では生まれないとも言われます。みんなでイノベーションを起こす上で重視していることは?

オープンソースコミュニティでは、何かを変えようと思って誰かが提案したら、そのコードを他の誰かがレビューし、ディスカッションを行います。Elasticはオープンソースがベースの会社なので、その流儀にしたがうということです。

そこでは、1人1人の背景やアプローチの良し悪しは問われません。問われるのはイノベーティブであるかどうかだけです。

例えば1カ月半前にElastic社でハッカソンを行った際、2人のエンジニアが素晴らしいモノを作ったんです。それは私の描く開発ロードマップの中にはなかった発想でした。でも、このアイデアをすぐにも取り上げなかったことは、私の失敗でした。彼らはこのアイデアについて、とても情熱的だったからです。

仕事を楽しくするのは情熱です。そして、情熱を活かすことがイノベーションにつながるのです。

世界中にいるコントリビューターと社員から声を吸い上げて開発に臨むShay氏

――なるほど。では最後に、Shayさん個人のプログラマーとしての最終目標は何ですか?

最後にこうなろうというものはないし、考えたくもないですね。

自分は勉強し続けたいという気持ちが強いんです。世の中はどんどん変わっていきますから、プログラマーは学び続けなくてはならない。究極的なゴールを考え始めたら、その時点で、自分はダメになったということだと思います。

想像してみてください。20年前に大学を卒業した時点で学ぶのを辞めた人が、自分のファミリードクターだったら嫌ですよね? 常に学び続けるのが重要だというのは、そういうことです。

だから、私から一つ皆さんに提案するなら、自分がチーム内で一番頭がいいと感じられるのなら、今すぐそのチームを辞めた方がいいということです。私はまだそこまでいっていないから辞めていないということです。毎日気付きがあるし、学びがあるんですよ。

取材・撮影/伊藤健吾 文/鈴木陸夫(ともに編集部)

エンジニアtypeの関連記事
森川亮氏が考えるキャリア論「イヤなことをやめてみる。そこからやりたいことが見えてくる」
月間数百億のトラフィックを捌くSSPシステムを、アルバイトから入社した学生エンジニアがゼロから開発できた5つの理由
SIerが「脱・人月ビジネス」を実現するには?PM歴20年以上のベテランに聞く3つのポイント

 

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
会計新基準<br>「売上高」が変わる

売上高が6割減にもかかわらず、営業利益は増えた企業も現れた。会計の新基準を適用した結果だ。全産業にかかわる過去最大の基準変更が今年から徐々に広がっていく。