安倍首相が内閣支持率挽回に打つ「秘策」

8月11日以降にやって来る「3つの試練」

逆に党内のムードは微妙である。9月の自民党総裁選では、未だに安倍首相への対抗馬が出てこない。このまま無投票当選になりそうだが、「こんなときに候補者も立てられない自民党はいかがなものか」との批判が、これから党の内外で湧き上がるのではないか。

○当面の政治外交日程

8月11日 九州電力・川内原発が再稼働
 8月15日 戦後70年(*安倍談話はその1~2日前に発表か?)
 8月17日 内閣府が4-6月期GDP速報値を公表
 8月下旬 安倍首相が中央アジアを歴訪?
 9月3日 中国が抗日戦争勝利70周年記念式典
 9月4日 安倍首相が訪中、日中首脳会談?
 9月3-5日 東方経済フォーラム(ウラジオストック)*プーチン大統領出席
 9月6日 岩手県知事選挙(達増知事vs.平野達男参議院議員)
9月8日 自民党総裁選公示?
 9月14日 新安保法制で「60日ルール」が使用可能に
 9月15日~ 国連総会、習近平国家主席が訪米
 9月16-17 日米FOMC→利上げ?
 9月20日 自民党総裁選投開票?
 9月26日頃 安倍首相が訪米、国連総会で演説?
 9月27日 通常国会会期末
 9月30日 自民党役員人事の任期切れ

問題はこの後の政治日程だ。安倍首相は支持率挽回に向けて、おそらく外交カードを使ってくるだろう。

次ページ安倍首相は支持率挽回にどんな手を打って来るのか
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
  • 「生活定点」で振り返る平成
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ZOZOに立ちはだかる<br>「ゾゾ離れ」より深刻な課題

盤石だったZOZOの収益基盤が揺らぎ始めた。常時割引の有料会員サービスで混乱を招いたが、さらに深刻な事態が。今年度の通期業績が上場後初の営業減益になる見通しとなったのだ。上場以来最大の正念場を乗り越えることができるか?